ハーブコーディネータ資格で楽しいハーバルライフを送りましょう

ハーブの楽しみ方は、お料理に、インテリアにとさまざま:

ハーブといえば、まずハーブ・ティーをいれたり、ハーブ栽培などが思い浮かびますが、ハーブの活用法は、それだけではありません。
お客さまのおもてなしに、ハーブ・ティーに添え、ハーブを練りこんだバターやチーズなど乳製品や、ハーブを焼きこんだパンやクッキーはいかが?

ハーブを漬けこんだビネガー、オイルなどを作れば、毎日の食卓にさまざまな風味が加わります。
ポプリを作れば、お部屋の素敵なインテリアにもなります。アロマポットを使えば、自然なお部屋の消臭ができて、気分もすっきり。防虫効果のあるハーブを使えば、夏場の虫よけにもなります。
さらに、ハーブ染め、手作り石けんやコスメなど、ハーブの楽しみ方は無限に広がります!

ハーブは薬草、使い方を誤れば逆効果:

ジンジャー、アロエ、ユーカリ、ターメリック(ウコン)など・・いくつかのハーブが、じっさいに漢方の生薬として使われているように、ハーブは「西洋の漢方」とも呼ばれます。
ハーブは薬草です。植物の力を借り、さまざまな症状を改善したり、香りで気分をくつろがせたり、元気にしたりするもの。

でも薬草だけに、うっかり使い方を誤れば「副作用」もあるのです。とくに持病のある人や、妊婦さんには、使ってはいけないハーブがいくつもあります。なにか過失事故が起きてから「知らなかった!」ではすまされません。
ハーブを使うからには、安全に使える正しい知識をもって使いたいものですね。ハーブコーディネーター養成講座を受講することで、ハーブについての知識は、ひととおり身につくことでしょう。

教材が届いたその日から、すぐにハーブを楽しめる:

ハーブコーディネーター養成講座の特色は、「じっさいに体験してみる」コンセプト。
たとえば、「ハーブ栽培法」について学ぶ時、やってみたい、でも種や鉢植えを買いにいくのは面倒・・などと迷ってしまいそうな気がしませんか?
ハーブコーディネーター養成講座は、受講すると同時に送られてくる教材の一部として、ハーブの種と、ドライハーブが、それぞれ10種ずつ付いてくるんです!
これなら、すぐに栽培が始められる!小袋にドライハーブを入れてお部屋に飾ったり、お風呂に入れてハーブバスが楽しめる!
植木鉢・培養土・肥料など用意して、楽しみにお待ちくださいね。

メニュー